上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.24 体操設定
書きかけ体操の話の冒頭部分。
主人公は体操ではなく、刑事の田辺隆太というキャラクターです。
20XX年4月27日 午前3時30分
東京都XX区の人気のない路地裏にて
若い女性の惨殺死体が発見された。


連続婦女暴行殺人事件。

被害者は全員が妊娠中の若い女性で
すべての被害者は一人の男に暴行されたあと、
顔と胴体を中心に刃物や鈍器で原形を留めぬほどに破壊されており
身元の特定は毎度難航した。
中には、遺体の一部が発見されなかった被害者もいる。



「これで4人目か…」
ビニールシートで覆われた路地裏の一角。
現場の片隅で立ち尽くしていた僕の隣に
僕の上司である花本警部が立ち、眉を寄せて呟く。
遺体は既に回収された後だが、被害者が流した大量の血液や
回収し切れなかった組織の一部や体毛は残されていて、
辺りにはむせ返るような、冷たく、不気味な悪臭が立ち込めている。

 この被害者が自分の妻でなかったことに安心し、
 もしこの次の被害者が自分の妻だったら…などと考えるのは
 警察の人間として失格だろうか。

僕は心のうちでそう自分を責め、
だらりと体の横に下ろしていた両のこぶしを強く握り締めた。
「どうしてこんな真似ができるんだ…」
肩を震わせて呟く僕から、花本警部は黙って視線を逸らした。

 狂気だ。
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。